スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【素】ばとん  

 AJIから受け取りました。素ばとん。

1.とんがりコーンを指にはめたことがある。
A・幼稚園のころは魔女ごっこのための必須アイテムでした

2.バームクーヘンをはがす。
A・はがしません。

3.扇風機の前であーーーって言う。
A・言う。でも、あーーじゃなくて、るーるるるーるるー・・・ってキタキツネを呼ぶような感じ

4.ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる。
A・舐めとる!?なんともいえないワードですね…私はしょっちゅうポッキーを舐めとってます。

5.全校生徒の前でバンド演奏という妄想 。
A・ありません。バンドかぁ。興味のないジャンルですわ

6.自分の写メを何度も撮って、自分が一番カッコ良く、可愛いく写る角度を研究する。
A・しません。

7.歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる。
A・余計なこと考えてなくてもグキってなります。ちょっとした段差、斜面などなど。

8.カップ焼きそばを作ろうとしたが、お湯を入れる前にソースを入れた。
A・カップ焼きそばをほとんど食べたことがないのです。すいません。

9.自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒットする。
A.しょっちゅうです自転車と相性が合わないのでしょうか?

10.部屋の電気のひもを使ってボクシング。
A・やるやる!今私の部屋のひもは、偶然にもはげ太郎ちゃんとおそろいのゴーヤーマン(もう死語か?)がついているので、よく戦っています

11.鏡をみて、「自分はカッコぃぃ、カワィィ」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外で ふとガラスに映った自分を見て落ち込む。
A・すっぴんの時と花粉症シーズンの自分の顔は世紀末を予感させます。

12.自分の声を録音して聞いて、死にたくなる。
A・死にたくはならないなぁ。

13.深夜にやっている映画を勝手にエロだと勘違いして夜更かしして後悔する。
A・女中さんが肌けるのを期待してバカ殿をみていた幼少期はあります。

14.街中で考え事してたら、他の人に聞かれてんじゃと思い「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る。
A・そんなことはありません。

15.向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる。
A・今日も所沢駅のホームでやりました

16.電車乗ってるときに実は動いているのは外の世界という妄想をした事がある
A・小さいころはね。

17.チャンネルを変えていて同じCMが流れてたらすごいスピードで交互につける 。
A・交互につけた上に、お母さんとかにいちいち報告する

18.浴槽についている蛇口に背中を打つ
A・背中は打たないけど、冷たいしずくが肩に落ちてドキッとすることはあります

19.貰わないつもりだったレシートを何故か手にしている。
A・レシート捨てる小さい箱が一瞬で見つけられないときってあるでしょ!?

20.家のどこかで何か物音がしたりしたら「そこにいるのわかってんだよ 出てきな!」と言った事がある。
A・黙っているけど、心の中ではそう思ってる

21.脳内の恋愛で本当に胸きゅんになったりする
A・そんなのしょっちゅうです。

22.ケータイの電波が悪いととりあえず振る
A・最近は振らなくなりました。そして電源を切って、すぐに電源をつけて様子をみるようにしています

23.進研ゼミの手紙は、漫画だけ読んで捨てる
A・記憶なし。

24.寝る時に人間が死んだらどうなるのか考え込んだ時がある。
A・夜ってそういうこと考えちゃったりするものよね。

25.友達からの恋愛相談に、もっともらしい尚且つ恋愛上級者風の答えを返す。
しかし、心の中では「っくそー!」
A・ないです。私の答えはいつも突拍子もなくて、みなさんの参考にならないようです

26.柔らかくなった石鹸を、網で絞る
A・だって小学校のレモン石鹸ってゆるゆるじゃない?どうしてもガマンできなくて絞っちゃうのよね。

27.「なんでそうなるの?証拠ないじゃん」証拠を求める
A・お弁当に関するメーリスだけ流れてこないなんてありえないでしょ。(内輪では大ウケの話題)

28.夜中まで起きてたことを自慢する
A・人生で一度も徹夜したことない人間が、そんなこといちいち自慢しません。

29.何かをお願いする時「一生のお願い」を費やす
A・だいぶ前に尽きました。

30.余ったデザートの壮絶なる奪い合いに参加。
A・必死。

31.「卒業生 起立!!」で在校生である自分が立つ。
A・一瞬立ちかけてすばやく座る
スポンサーサイト

忘れないでいたいから 

 今日の出来事を忘れないために、ブログに書いておくことにしました。

 学校帰り、夜9時半くらいで人通りもまばらな暗い道を、私はいつもと変わらずリュックを背負い、i-Podを聞きながら歩いていました。
 すると道の端で30代くらいの女の人がしゃがみこんでいたので、何かあったのかなと思いつつ、横を通過しようとしました。

 しかし何かあったのはその女性ではなく、なんとその女性の足元にとてつもない血痕と、おじいさんがうつ伏せで倒れていたのです。
 おじいさんはピクリともしていません。
 普通転んだりしたら顔だけ横向きで体はうつ伏せ、というのが多いと思うのですが、そのおじいさんは顔面も真下を向いていて、おそらく顔のどこかから大量に出血しているのはすぐに予測できました。

 話しかけるとうなり声がしました。時折返事はしてくれるものの、か細くて危うい「大丈夫」という答えは決して油断できないものでした。
 
 なにせそんなに人も通らないのでその女性は一人でおじいさんに声をかけ続けていたようです。運よくおじいさんが倒れていたのはお弁当屋さんの目の前で、お店のご主人にタオルやティッシュを用意していただき、私と同じく通りすがりの男性も協力しておじいさんの体をゆっくり起こしました。

 あまりに顔面が血まみれで、鼻血が出ているのはすぐわかったものの、他にどこが怪我をしているのかわからないので少しずつ顔を拭いて、とにかくおじいさんを座らせて休ませようとしました。

 しかしおじいさんは頑なに拒みました。
 「歩いて帰るから」とか「みなさんに迷惑がかかるから」とか小声でつぶやくんです。
 明らかに緊急事態なのに、最後には「(迷惑をかけたから)お金を払います」と言ったんです。

 絶対に帰らせてはいけない。

 そう思いました。

 私は案外冷静に119番に電話したつもりだったのですが、自分の気持ちとは裏腹に少し動揺していたかもしれません。というのも1度間違えて110番に電話しそうになったのです。
 ともかくお店のご主人に住所を聞き、救急車を呼びました。

 数分後無事に救急車が到着し、顔も洋服も血だらけのおじいさんを預けました。

 それで急にいつもの自分に戻ったわけなのですが、気づいたときにはリュックは地面においてあり、i-Podはジャケットのポケットに入っていました。いつそんなことをしたんでしょうか。
 ふと自分の手を見ると、おじいさんの血がたくさんついていました。

 家に帰るまでの間、私は一人で駅のトイレで手を洗い、いろいろなことを考えました。

 脳梗塞か何かで倒れたのだとしたらとても心配です。
 鼻を骨折してるのではないかとも思います。

 そのときたまたま出会った知らない人のことがこんなにも気にかかるなんて。

 あんなに血の流れている現場を見たのは初めてで、最初は怖いと思ったけど、人の命が懸かっているときは、そんなのどうでもよくなるものなんだと思いました。

 どうか無事でいてほしいと思います。

iPod 

20070212015752
いろいろ情報を教えてくれたsyunkeくん、ハゲちゃん、コロヶありがとう。
特にsyunkeくんには「いろいろ見てから買った方がいいよ」と言われたのに、ソニーと見比べただけであっさりiPodに決めてしまったことを懺悔します。

私は大学2年のときまでカセットウォークマンを使っていて、そのあと買ったMDウォークマンがつい先週壊れてしまったので、いよいよ時代の波に乗ってみるか、と決意しました。

ところが実際問題として、貧乏学生の私がiPodを買う余裕なんてないわけです。

仕方なくiPodへの淡い恋心を家でつぶやいていたところ、なんとお姉ちゃんがお小遣いをくれたのです!!

かなり予想外の展開だったので断ったのですが、
「気が変わる前に早く持ってきな…」とボソリ。
姉は高倉建のような人です。
不器用な愛情表現でこんな妹の願いを叶えてくれました。ありがとう(´Д`゜)。

そんなわけで記念におでんくんとツーショットにしてみました。
略して「おでんポッド」。なかなかお似合いカップルです。

実習から戻りました 

 みなさんごぶさたしてます。かなり久しぶりのブログ更新です

 冬休み明けから学校が急激に忙しくなった上に、2月2~4日に山梨へ交流実習へ行っていました
 目的は第30回関東ろう者大会の要員として大会運営のお手伝いをすること。

 各自いろいろな部署に分かれて仕事をしたのですが、私はなぜか先生の独断で速報係
 大会の参加者にインタビューをしてコメントを集め、それをまとめて記事を仕上げ、新聞を作って配布、という流れ

 インタビューはもちろん手話で行うわけで、自分の手話力、読み取り力を痛感させられた三日間でした

 2日目は、他の係りは17時くらいにホテルに戻ったようですが、速報係の新聞作りが終わったのが23時半。
 確かに疲れたけど、でもろう者スタッフとのおしゃべりがかなり盛り上がって(あれ?仕事してない…?)、あっという間に時間が過ぎました。

 世間はろう者をネガティブな「障害者」(かわいそうとか大変そうとか)として見るけど、この人たちのどこが障害なんだろうかと改めて思ったわけです

 ホントに、外国に研修に来たかのように、3日間手話だけでの会話+周りの人はみんな手話ネイティブサイナーという環境は本当によい体験でした

 いざ埼玉に帰る、というときにろうあ者大会のスタッフのみさん(100人くらい?)が一斉に私たちに手を振ってくれた光景は、バングラデシュで見た月夜の蛍に匹敵するほどの感動でした。
 その後kaorunの涙につられ、私は大号泣しながら速報係でお世話になった人々と抱き合ったのでした
 
 

 おまけ。
 自由時間ほぼ0という中、一日目の隙(40分くらい)を狙って甲府城に行きました

20070207205315.jpg稲荷櫓にて。

 本丸は跡地しか残ってなかったけど、上り下りのきつい石段はなかなか歴史を感じるものでした。

 山梨、サイコー


ただランク今圏外応援よろしくお願いします人気blogランキングへ

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 こんな専門生もいるんですよ。~日々勉強~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。