スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式のこと。(たまにはまじめに) 

 卒業式を終えて2日が経過。

 今の気持ち、無。

 本当は4月から新たに通う学校へ思いを巡らせ、胸を躍らせる予定だったんだけどな。

 
 卒業式の前日、眠れなかった。なんか落ち込んでた。

 
 当日、朝早くから着物着付け会場に行って、自分で選んだステキな着物とハカマに袖を通した。髪型だってオシャレにしてもらった。

 最初はいつもと違う格好にはしゃぎまくってたけど、いよいよ卒業式が始まったらとてつもなく悲しくなった。
 ハレルヤは喜ばしい歌のはずなのに、それが無性に感極まってしまった。

 式のあと、祝会(立食パーティー)でいろんな友達と写真を撮りまくってたとき、一人の先生に呼び止められた。

 『これからの進路はどうするんですか?』

 『国リハ(←私が行く学校)に行きます。』

 『じゃあ二年後には第一線で働いてもらわないとなぁ。』

 私は卒論も書かなかったし、だから特にしょっちゅう会ってた教授はいなかったはずなのに、森本先生だけは私のことを覚えてくれていて、気にかけてくれていた。とてつもなくありがたくて、自分が大学にいたという証を感じた。

 そのあと私は友達とサークルの部室に行った。
 といっても私はサークルを途中で辞めてしまっていたので、あまり乗り気ではなかった。

 『ご卒業おめでとうございます』
 後輩たちが寄せ書きの色紙をくれた。

 人生初の色紙。すごくうれしかった。というより、サークルを途中で辞めた人にそんな気遣いをしてくれた後輩たちに申し訳なさを感じた。
 
 色紙の中に書かれた、3つ後輩の男の子からのメッセージがとてつもなく胸を打った。

 『ときどき学食でお昼を一緒に食べれてうれしかったです
 
 そういえば私はずうずうしくも、1年生同士の楽しい輪の中に乱入して、よくお昼休みを学食で一緒に過ごしていた。いつも邪魔して悪いなぁと思いながらも後輩と話がしたくて、輪に混ぜてもらっていた。だけど、そんなお邪魔なオバサンのことをうれしいと思ってくれていたということを知り、本当に嬉しかった。



 まだ話しが止まらないので、モノズキな方は続きをどうぞ。。。

 
 
 彼氏が会社から大急ぎでかけつけてくれた。
 しかもブーケを買って。
 『スーツだから卒業生に見えるでしょ?』と言いながらとても嬉しそうな顔してた。私の卒業の日に会えたことに、幸せそうな顔をしてくれる彼を見て、私がうれしくなった。
 
 校門の前で、二人で写真を撮ってもらった。
 本当に間に合ってよかった。

 ハカマから私服に着替え、RNAちゃんと二人でプリクラ&カフェ。
 将来について語り合った。
 英語と手話は関係なさそうに見えて、私とRNAちゃんが目指す方向性は似てるのかも、と感じた。
 手話の話しをすると、興味ない人はすごく怪訝そうな顔するんだけど、RNAちゃんは本当に親身に話しを聞いてくれた。ありがとうRNAちゃん。

 そのあと、またしてもサークルの飲み会に合流。
 私が行ったときには時すでに遅し。みんな泥酔状態で、いつも以上にカラミがすごかった・・・。
 会話の内容は本当に、本当にくだらない話しばっかり。
 ごーごーぱぶ?とか・・・はげとか・・・

 でも久しぶりにおしゃべりした人もいて、楽しかった。

 ボーリング行くぞ!ってことになったときにはすでに深夜0時。

 最初は終電までね、とか言ってたけど、結局終電の時間を越えてしまった。

 同期の友達と遊びに行くことはあったけど、あんなにたくさんの後輩と遊びに行ったのは初めてかもしれない。なんだか新鮮だった。

 深夜1時で帰ろうとした私に、みんな手を振って見送ってくれた。
 そしてtarちゃんがわざわざ駅の近くのタクシー乗り場まで送ってきてくれた。

 タクシーが発車して、窓の向こうでtarちゃんが手を振ってくれてる姿が遠ざかって行って

 あぁ、お別れなんだ



 
 痛感した。

 皮肉にもタクシーは立教通りを通り抜けていった。
 でも途中から涙で景色が見えなくなった。


 悲しい。

 私は全然マジメな学生じゃなかった。大学にとって私という生徒の存在は小さかったかもしれない。

 でも私にとって大学は、自分でも気づかないほどに大きな存在だったんだ。

 

 みんな、ありがとう。幸せな4年間を過ごせました。


 
スポンサーサイト

コメント

(;_;)(;_;)

う~…まっち~…
これから手話のプロになって第一線で大活躍してくれることを期待してます。
くだらない話だったけど楽しかった。。。また遊ぼう!!

卒業おめでとう!!
涙腺の弱い私は朝っぱらから泣いてしまったよ・・・。
マッチーにとって楽しい4年間だったようで何より☆
長い学生生活、お疲れ様!

卒業おめでとうございます。

日記見たら俺まで涙が出そうになりました。。

手話で第一線を目指すと言うのは実現すると思います。

手話って手の動きよりも目だったり伝えようとする気持ちで意思が伝わることが多いですよね。

先輩のその真っ直ぐな瞳で多くの人に多くのことを伝えてください。

この日記に全米が泣きましたーよ

みんな本当にありがとう

Yすけ>ホント、なんかくだらないんだけどすごく盛り上がるんだよねv-406
ゆすけには本当にいろんなことでお世話になっちゃったね。大学に入って初めてできた仲良しなお友達v-352何度も各駅停車につき合わせてしまったけど、絶対忘れない思い出v-354
これからみんな社会に出て行くから、今までみたいに気軽には会えないけど・・・またプリクラ撮らなくちゃねw

ジャキさん>ありがとうございますv-294こんな私でも無事に大学を卒業することができましたv-374いろんなことがあって、カレー食べながらジャッキーさんにグチったこともありましたねi-241これからもお世話になりますv-238

こぐまちゃん>初めて会ったときはチャラ男だと思ったけどホントはすごくいい子なんだよねi-228
バングラのバスの中でみんなで、お互いを山手線の駅に例えようって時に、満場一致でこぐまちゃんが渋谷って言われてたのが懐かしいv-419
ちなみに私はなぜか田端だったけど・・・w
たまにはミクシイにメッセージちょうだいねi-265

tarちゃん>tarちゃん、泣いてないんでしょ?v-403

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganbaremattie.blog31.fc2.com/tb.php/97-a2c63d66

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 こんな専門生もいるんですよ。~日々勉強~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。